ホーム > デカール作業効率アップシステム「まったり爛丸君2号」

水転写デカールの取り扱い説明には、たいてい「水かぬるま湯に10秒ほど浸して引き上げて下さい。」とありますよね。
でも特に冬は水に浸した後なかなか台紙から離れない事無いですか?わたしは飛行機の注意書き等数が多いと永久に終わらない様な気がしてました。
かといってぬるま湯はすぐ冷めて水になっちゃうし・・・

と、言うことで これ↓です。

電気酒燗器に、キャンプ等で使う通称「シェラカップ」を組み合わせてみました。
規定外の使い方なので、自己責任で火災には十分注意する必要がありますが、ぬるま湯状態を保持するにはうってつけです。
デカールが台紙から離れる時間が格段に短くなるのに加えて、柔らかく貼りやすくなるというメリットもあります。









付録
「まったり爛丸君2号」の世を忍ぶ仮の姿です。
普段はこの姿でせっせと働いてくれてます。



< ホーム
inserted by FC2 system